研究者情報

«前画面に戻る
渡邊 孝博/早稲田大学大学院情報生産システム研究科
名前 渡邊 孝博
ふりがな ワタナベ タカヒロ
E-MAIL メールを送信する
大学名 早稲田大学大学院情報生産システム研究科
学科・専攻
(講座)
集積システム分野
担当科目 コンピュータアーキテクチャ、ディジタルLSIアーキテクチャ、低消費電力設計 役職 教授
連絡先 〒808-0135 北九州市若松区ひびきの2-7 TEL (093)692-5371
FAX (093)692-5371
学位
(授与機関)
工学博士(東北大学) 取得年 1982年
(1)主要な研究テーマ及び研究領域等
研究テーマ・研究領域 1. ASIC自動設計技術、特にIC/PCBの配置配線問題 2. ネットワークオンチップのアーキテクチャとルーティング 3. 動的再構成可能デバイスのタスク配置問題 4. μプロセッサ構成
キーワード LSI、 SoC、 NoC、 FPGA、プロセッサ、 EDA、 自動設計、 低消費電力、 IP(Intellectual Property)
当該テーマ・領域の概要及び特徴 (1)LSI/PCBの自動設計技術: 設計自動化アルゴリズム。
   特に自動レイアウト(配置・配線)
(2)ネットワークオンチップアーキテクチャ:高性能NoCの構成手法、
   ルーーティング手法
(3)マイクロプロセッサシステムアーキテクチャ:低消費電力化、
   特に低電力キャッシュメモリの構成
(4)FPGAアーキテクチャ:FPGAのチップ領域を粗粒度に分割して
   低消費電力を可能にする構成様式と回路マッピング手法
(5)IP設計手法:カスタマイズ可能なプロセッサIPと設計環境
主な論文・著書又は研究活動 ・Ran ZHANG, Tieyuan PAN, Li ZHU, Takahiro WATANABE: A Length
 Matching Routing Method for Disordered Pins in PCB Design, Proc.ASP-
 DAC 2015

・Lian Zeng, Takahiro Watanabe: A Performance Enhanced Dual-switch
 Network-on-Chip Architecture, Proc.ASP-DAC 2015

・Teiyuan Pan, Rang Zhang, Yasuhiro Takashima and Takahiro Watanabe:
 A Randomized Algorithm for the Fixed-length Routing Problem, Proc.
 2014 IEEE APCCAS

・Xin Jiang, Lian Zeng, Takkahiro Waatanabe: A Sophisticated Routing
 Algorithm in 3D NoC with Fixed SVs for Low Energy and Latecy, IPSJ
 Tans.System LSI Design Methodology

・Lian Zeng, Xin Jiang and Takahiro Watanabe: Adaptive Router with   Predictor using Congestion Degree for 3D Network-on-Chip,    
 Proc.International SOC Design Conf.(ISOCC)

・Xin Jiang and Takahiro Watanabe:A Novel Fully Adaptive Fault- 
 tolerant Routing Algorithm for 3D Network-on-Chip、Proc.TENCON 2013

・亀井他:LVSの出力情報を活用したVLSI電源配線幅の高速検証システム,
電子情報通信学会論文誌D,Vol.J96-D/5,2013,5.

・Zhan Ran et al.:A Parallel Routing Method for Fixed Pins using
Virtual Boundary,TENCON-Spring 2013, April.

・Xin Jiang, et al.:An Efficient Algorithm for 3D NoC Architecture
Optimization,IPSJ Trans. System LSI Design Methodology,6/,34-41,
2013,2.

・Li, et al.:Region-oriented Placement Algorithm for Coarse-grained
Power-gating FPGA Architecture, IEICE Trans.Information and
Systems,E95-D/2,314-323, 2012年 2月

・Ye, et al.:A New Recovery Mechanism in Superscalar
Microprocessors by Recovering Critical Misprediction,
IEICE Trans. Fundamentals of Electoronics, Communications
and Computer Sciences, E94-A/12,2639-2648, 2011年 12月

・Li, et al.:Low Power Placement and Routing for the Coarse-Grained
Power Gating FPGA Architecture, IEICE Trans.Fundamentals of
Electronics Communications and Computer Sciences, E94-A/12,2519-
2527,2011年 12月

・Dong, et al.:A Hybrid Layer-Multiplexing and Pipeline Architecture
for Efficient FPGA-based Multilayer Neural Network, IEICE NOLTA,
E94-N/10,522-532, 2011年 10月

・Xin, , et al.:Jan An Efficient Design Algorithm for Exploring
Flexible Topologies in Custom Adaptive 3D NoCs for High Performance
and Low Power, Proc. 2011 IEEE 9th International Conferenceon ASIC
(ASICON 2011),2011年10月

・Ye, , et al.: An Adaptive Various-width Data Cache for Low Power
Design , IEICE Trans Information and Systems , E94-D/8,1539-1546,
E94-D/8,1539-1546

・Liu,, et al.: New Power-aware Placement for Region based FPGA
Architecture with Dynamic Power Gating by PCHM, Proc.ISLPED'11
(Int'l Symp. Low Power Electronics Design),2011年 8月

・Ye, , et al.: Analysis Before Starting an Access : A New Power-
Efficient Instruction Fetch Mechanism, IEICE Trans Information and
Systems , E94-D/7,1398-1408, 1398-1408

・Li, New Power Efficient FPGA Design Combining with Region-
Constrai, et al.: ned Placement and Multiple Power Domains,
Proc.IEEE NEWCAS’11 (IEEE 9th Int'l Conf. New Circuits and
Systems), 2011年 6月

・Ye,, et al.: A High Performance Digital Neural Processor Design
by Network on Chip Architecture ,Proc.VLSI-DAT'11, pp.243-246, May,
応用可能な分野 情報通信の基盤としてのデバイス技術からSOC構築技術およびデバイス設計技術 に対応。 また、FPGA応用製品とその設計手法、および、設計自動化技術。
(2)企業向けメッセージ
企業向けメッセージ 研究テーマにご興味のある方はご連絡下さい。また、内容が明確でない場合も相談に応じますし、当方でお引き受けできない場合はより適切な研究者の紹介をしますので、お問い合わせください。
(3)学外活動・学会活動
学外活動・学会活動 ・教育関連:非常勤講師(福岡工業大学、 宇部工業高等専門学校、他) 
・研究関連:学会会員(電子情報通信学会、情報処理学会、電気学会、  
 IEEE 各学協会)、研究会専門委員、その他
(4)その他
その他
(5)大学HPの研究者ページ等
大学HPの研究者ページ等
«前画面に戻る

Copyright © 2011 Kitakyushu Science and Research Park, All Rights Reserved.