研究者情報

«前画面に戻る
柴田 智広/九州工業大学大学院生命体工学研究科
名前 柴田 智広
ふりがな シバタ トモヒロ
E-MAIL メールを送信する
大学名 九州工業大学大学院生命体工学研究科
学科・専攻
(講座)
人間知能システム工学専攻(人間知能創成講座)
担当科目 人間知能システム工学概論
社会的知能システム構成論
高度技術者育成特論
役職 教授
連絡先 TEL
FAX
学位
(授与機関)
博士(工学)(東京大学) 取得年 1996年
(1)主要な研究テーマ及び研究領域等
研究テーマ・研究領域 人・社会を学習・適応するシステムとして理解し、そして支援するシステムの開発や社会実装を行う。 1. ロボットへの運動スキル伝達と介助ロボット応用 2. 個人適応的なヒトの運動学習加速システムとリハビリ支援への応用 3. ラピッドプロトタイピングと在宅医療介護革新への応用 4. 購買意思決定過程の理解とマーケティングへの応用
キーワード ロボティクス(学習・適応、人間‐機械系)、神経科学(認知、行動、計算)、機械学習、生体信号計測・解析(筋電位、光トポグラフィ、モーション)、運動学習、意思決定、社会的知能
当該テーマ・領域の概要及び特徴
主な論文・著書又は研究活動 ◆2015年
Koide, N., Kubo, T., Nishida, S., Shibata, T. and Ikeda, K.
Art Expertise Reduces Influence of Visual Salience on Fixation in Viewing Abstract-paintings, PLOS One, 2015.

◆2014年
Okada, T., Shibata, T., Tamei, T., et al.
In-Home Posture Evaluation and Visual Feedback Training to Improve Posture with a Kinect-Based System in Parkinson’s Disease, Journal of Novel Physiotherapies, 2014, 4(5), 232.

岡田,喜多,中村,柴田,船谷,折戸,爲井,池田,和田,形岡,上野,冷水,森岡,庄本
前屈姿勢と側屈姿勢を合併したパーキンソン病患者に対する直流前庭電気刺激 -電極極性が効果に与える影響の検討-, 運動障害, 2014, 24, pp.55-60.

Ngeo, J., Tamei, T. and Shibata, T.
Continuous and simultaneous estimation of finger kinematics using inputs from an EMG-to-muscle activation model, Journal of NeuroEngineering and Rehabilitation
2014, 11, 122.

Ikeda, S., Shibata, T., Nakano, N., Okada, R., Tsuyuguchi, N., Ikeda, K., Kato, A.
Neural Decoding of Single Vowels during Covert Articulation using Electrocorticography Frontiers in Human Neuroscience, 8, 125, 2014.

Nishida, S., Shibata, T. and Ikeda, K.
Object-based selection modulates top-down attentional shift Frontiers in Human Neuroscience, 8, 90, 2014.

Obayashi, C., and Tamei, T. and Shibata, T.
Assist-as-needed robotic trainer based on reinforcement learning and its application to dart-throwing, Neural Networks, 53, pp.52-60, 2014.

Orito, Y., Funaya, H., Tamei, T., Shibata, T., Ikeda, K.
Development of Low-cost and Accurate Posturography Using Kinect for In-home Rehabilitation of Balance Disorders, The 19th International Symposium on Artificial Life and Robotics 2014 (AROB 19th '14), pp.18-188, 2014.


◆2013年
Mizuno, E., Osugi, N., Sakuma, H. And Shibata, T.
Effect of Long-term Music Training on Verbal Short Term Memory of Individuals with Down Syndrome Journal of Special Education Research, 2(1), pp.35-41, 2013.

Nishida, S., Tanaka, T., Shibata, T., Ikeda, K., Aso, T., and Ogawa, T.
Discharge-rate Persistence of Baseline Activity During Fixation Reflects Maintenance of Memory-period Activity in the Macaque Posterior Parietal Cortex, Cerebral Cortex, Epub ahead of print, 2013.

Moren, J., Shibata, T., and Doya, K.
The Mechanism of Saccade Motor Pattern Generation Investigated by A Large-Scale Spiking Neuron Model of The Superior Colliculus
PLOS ONE, 8(2), pp.1-11, 2013.

Orland, F., Dutta, A., Saxena, A., Behera, L., Tamei, T. and Shibata, T.
Manipulability Analysis of Human Thumb, Index and Middle Finger in Cooperative 3D Rotational Movements of a Small Object, Robotica, 31(5), pp.797-809, 2013.

Koganti, N., Tamei, T., Matsubara, T. and Shibata, T.
Estimation of Human-Cloth topological relationship using depth sensor for Robotic Clothing Assistance, The 1st Annual International Conference of the ACM-RSI Advances in Robotics (AIR 2013), 6 pages, 2013.

Ngeo,J., Tamei, T., Shibata, T., Orlando, M.F., Behera, L., Saxena, A. and Dutta
Control of an Optimal Finger Exoskeleton based on Continuous Joint Angle Estimation from EMG signals
The 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, pp.338-341, 2013.

柴田 智広
情報通信技術( I C T ) による新しい難病支援の可能性について, 特定非営利活動法人奈良難病連 きずなNo46号 H25.8.23総会号, vol.46, 2013.

柴田 智広
購買意思決定過程の測る化‐ニューロコノミクスからニューロマーケティングへ‐, 電子情報通信学会誌, Vol. 96, no. 8, pp632-637, 2013.

柴田 智広, 日本のロボット研究に関する国際共同, 日本ロボット学会誌, 30(10), pp1022-1023, 2013.

応用可能な分野 適応支援ロボティクス(介護,リハビリ),在宅リハビリ支援,マーケティング
(2)企業向けメッセージ
企業向けメッセージ これまで企業共同も積極的に行っており,共同特許も多数出願・取得しております.
博士の指導経験も豊富で,主に企業やアカデミーに人材を輩出しております.
留学生指導経験も豊富であり,また複数のインド工科大学とも深く交流してきております.
(3)学外活動・学会活動
学外活動・学会活動 ◆所属学会
 日本ロボット学会,日本神経回路学会,電子情報通信学会,めまい平衡医学会,サービス学会,IEEE(Robotics and Automation, Computational Intelligence),Robotics Society of India

◆主な学外・学会活動
2008- IEEE Robotics and Automation Society の Robot Learning の Technical Committee Member
2008-2009年 日本学術振興会 日独先端科学シンポジウム PGM.
2009年度-2012年度 電子情報通信学会和文論文誌D編集委員
2010年度-2013年度 日本神経回路学会理事.
2011年度-2012年度 日本ロボット学会会誌編集委員
2011年- NPO法人アゴラ音楽クラブ理事
2012年-2013年 Neuro2013 program co-chair
2013年度 日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門運営委員
2014年- Editorial Board Member of Neural Networks
(4)その他
その他 ◆受賞
2010年 日本ロボット学会 功労賞
2009年 電子情報通信学会 情報システムソサエティ活動功労賞
2007年 日本神経科学学会 2006 Neuroscience Research Excellent Paper Award
2002年 日本神経回路学会 論文賞
1992年 日本ロボット学会 奨励賞
(5)大学HPの研究者ページ等
大学HPの研究者ページ等
«前画面に戻る

Copyright © 2011 Kitakyushu Science and Research Park, All Rights Reserved.