研究者情報

«前画面に戻る
村田 智洋/早稲田大学大学院情報生産システム研究科
名前 村田 智洋
ふりがな ムラタ トモヒロ
E-MAIL メールを送信する
大学名 早稲田大学大学院情報生産システム研究科
学科・専攻
(講座)
生産システム分野
担当科目 オペレーションズリサーチ、離散事象システム論、サプライチェーンマネージメント 役職 教授
連絡先 北九州市若松区ひびきの2−7 TEL (093)692-5189
FAX 093-692-5189
学位
(授与機関)
工学博士(東京工業大学) 取得年 1989年
(1)主要な研究テーマ及び研究領域等
研究テーマ・研究領域 1. 離散型生産システムのモデリングと計画制御 2. デペンダブルシステムの運用モデリング評価 3. 多目的組合せ最適化
キーワード 離散事象システム性能評価、ペトリネットモデル、ハイブリッドシミュレーション、組合せ最適化、多目的最適化、意思決定支援
当該テーマ・領域の概要及び特徴 離散事象システムのモデリング、スケジューリング最適化、動作検証等の理論とその生産システム計画制御への応用を研究する。大規模な離散事象システムの解析、確率事象を含む離散事象システムの性能評価、連続ダイナミクスと離散ダイナミクスが相互作用するハイブリッドシステムのモデリングの研究を行ない、まそれらの理論や技術を生産システム、組込み制御システム、ビジネスシステムの設計や制御に応用するための手法やツールの研究も行う。
主な論文・著書又は研究活動 論文
・佐藤達広, 角本喜紀, 村田智洋;条件変化に伴う再計画を考慮した鉄道車両基地構内入換スケジューリング方式、 電気学会論文誌、Vol.127 No.2, pp. 127 274-283 (2007.2)
・染谷治志, 村田智洋, 吉江修;シナリオベースシミュレーションにおけるシナリオ設定支援機能の提案、日本シミュレーション学会誌Vol.24 No.3, pp. 127 231-238 (2006.3)
・Scenario Setup Support Functions for Scenario-based Simulation, International Conference on Electrical Engineering 2004, Harushi Someya, Tomohiro MURATA, Osamu Yoshie, Toshiyuki Moritsu
・Total High Performance Time and Design of Dependable Real Time Systems, Transactions of IEICE Vol.E77-A, No.3, (pp. 510-516), 赤津雅晴、村田智洋、栗原謙三、平成 6年3月
・State Diagram Matrix for Hierarchical Specification of Reactive System, Transactions of IEICE Vol. E76-A, No. 10 (pp. 1591-1597)、村田智洋、芦田綾子、栗原謙三、平成 5年11月
・拡張確率ペトリネットを用いる計算機ジョブ運用方式の評価, 電子情報通信学会論文誌A, Vol.J71-A, No.12, (pp. 2147-2155), 染谷治志、田代勤、村田智洋、薦田憲久, 昭和63年12月
・色付きペトリネットに基づくリアルタイム情報処理用ソフトウェア, 情報処理学会論文集Vol.29, No.12, 村田智洋、薦田憲久, 昭和63年12月
・ペトリネットによる制御用ル−ルの検証、 計測自動制御学会論文集Vol.24、 No.8 (pp. 852 -859)、 村田智洋、薦田憲久、 昭和63年8月
・容量ペトリネットの活性解析のためのネット縮約の一方法、計測自動制御学会論文集 Vol. 23, No. 3, (pp. 301 -307)、村田智洋、薦田憲久、昭和62年3月
・A Petri net Based FA (Factory Automation) Controller for Flexible and Maintainable Sequence Control and its Application in Factory Automation, IEEE Trans. on Industrial ElectronicsVol.IE-33, No.1 (pp. 362-366) 、村田智洋、薦田憲久、春名公一、松本邦顕, 昭和61年2月

著書
・ネットベースアプリケーション(共著)、裳華堂、平成14年9月
・ペトリネットとその応用(共著)、 計測自動制御学会離散事象システム研究会編、平成4年6月
・ Modern Tools for Manufacturing Systems, ELSEVIER, 1995 (共著)
・ Petri Nets in Flexible And Agile Automation, Kluwer, 1993 (共著)
応用可能な分野 生産システムの運用計画、シミュレーション評価。フォールト・トレンラントシステムのデペンダビリティ設計、評価
(2)企業向けメッセージ
企業向けメッセージ
(3)学外活動・学会活動
学外活動・学会活動 電気学会、電子情報通信学会、計測自動制御学会の各会員。電子情報通信学会コンカレント工学研究会委員、計測自動制御学会論文集委員会委員、計測自動制御学会離散事象システム研究会委員、電子商取引推進協議会国際取引・貿易手続きWG委員、電気学会CSCWシステム技術調査専門委員、電気学会論文誌査読委員、IEEE Industrial Engineering society Reviewer等を歴任。計測自動制御学会論文賞(昭和61年7月)
(4)その他
その他
(5)大学HPの研究者ページ等
大学HPの研究者ページ等
«前画面に戻る

Copyright © 2011 Kitakyushu Science and Research Park, All Rights Reserved.