研究者情報

«前画面に戻る
池永 剛/早稲田大学大学院情報生産システム研究科
名前 池永 剛
ふりがな イケナガ タケシ
E-MAIL メールを送信する
大学名 早稲田大学大学院情報生産システム研究科
学科・専攻
(講座)
集積システム分野
担当科目 映像信号処理、システムLSI設計、マイクロプロセッサ、画像情報システム特論 役職 教授
連絡先 〒808-0135 北九州市若松区ひびきの2-7 TEL (093)692-5319
FAX (093)692-5319
学位
(授与機関)
博士(情報科学)早稲田大学 取得年 2001年
(1)主要な研究テーマ及び研究領域等
研究テーマ・研究領域 動画像圧縮システムと動画像フィルタ・認識システム
キーワード 映像情報処理、デジタル信号処理、動画像圧縮、画像認識、実時間ハードウェアシステム
当該テーマ・領域の概要及び特徴 池永研究室では、次世代ユビキタス・アンビエント情報化社会(いつでも、どこでも、安心して、心地よく)を睨み、その実現の鍵となる様々な画像情報システムや関連するアプリケーションSoC (Systemon Chip)を実現することをテーマとして掲げ、研究開発を行っています。ユビキタス・アンビエント情報化社会実現のためには、様々な視点からの課題を解決していく必要があり、動画像認識(物体追跡、シーン解析など)、デジタルフィルター(超解像、ノイズフィルターなど)、動画像圧縮(H.264,H.265, JPEG2000など)、動画像通信(暗号処理、無線ベースバンド処理など)幅広い技術領域を対象としながら、研究活動を展開しています。アルゴリズム評価だけでなく、アーキテクチャ検討から最終的には実時間組込みシステムやLSIとして形にすることを目標に研究を進めており、2004年から教育用チップも含め27品種のアプリケーションLSI、FPGAを用いた実時間画像処理システムを開発してきています。
主な論文・著書又は研究活動 (1) A DTCNN Universal Machine based on Highly-parallel 2D Cellular Automata CAM2, T.Ikenaga and T. Ogura, IEEE Trans. on Circuits and Systems I, Vol. 45, No. 5, pp. 538-546, May 1998.
(2) CAM2: A Highly-parallel Two-dimensional Cellular Automaton Architecture, T. Ikenaga and T. Ogura, IEEE Trans. on Computers, Vol. 47, No. 7, 1998.
(3) A Fully-parallel 1Mb CAM LSI for Real-time Pixel-parallel Image Processing, T. Ikenaga and T. Ogura, IEEE Journal of Solid-State Circuit, Vol. 35, No. 4, 2000.
(4) Real-time Morphology Processing using Highly-parallel 2D Cellular Automata CAM2, T. Ikenaga and T. Ogura, IEEE Trans. on Image Processing, Vol. 9, No. 12, 2000.
(5) A LOCALLY SUBSAMPLING ALGORITHM FOR SOFTWARE BASED MOTION ESTIMATION, Seiichiro Hiratsuka, Satoshi Goto, Takaaki Baba, Takeshi Ikenaga, IEEE ISCAS2005, May 2005
(6) Reconfigurable Adaptive FEC System Based on Reed-Solomon Code with Interleaving, Kazunori Shimizu, Nozomu Togawa, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto, IEICE Trans. Inf. & Syst., Vol. E88-D, No.7, pp. 1526-1537, July 2005
(7) Content-Based Motion Estimation with Extend Temporal-Spatial Analysis, Shen Li, Yong Jiang, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto, IEICE Trans. Inf. & Syst., Vol. E88-D, No.7, pp. 1561-1568, July 2005
(8) Partial-Parallel LDPC Decoder Based on High-Efficiency Message-Passing Algorithm, Kazunori Shimizu, Tatsuyuki Ishikawa, Nozomu Togawa, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto, IEEE ICCD-2005, Oct. 2005
(9) A VLSI Array Processing Oriented Fast Fourier Transform Algorithm and Hardware Implementation, Zhenyu Liu, Yang Song, Takeshi Ikenaga, Satoshi Goto, IEICE Trans. Fundamentals, Vol. E88-A, No. 12, pp. 3523-3530, Dec. 2005
応用可能な分野 映像情報処理、デジタル信号処理、動画像圧縮などのコア技術をベースに、次世代高精細ディスプレイ、多機能デジタルカメラ、知的監視カメラ、フレキシブルなTV会議システムなどの研究開発を展開しています。
(2)企業向けメッセージ
企業向けメッセージ 多くの企業との産学連携を通じて、次世代の日本の情報産業のコアとなる技術の創出を目指して、取り組んできています。
(3)学外活動・学会活動
学外活動・学会活動 IEEE,情報処理学会各会員、電子情報処理学会会員並びに集積回路研究会委員、IEEE MWSCAS、IEEE APCCAS、IEEE ISCAS等のプログラム委員/セッションチェアー等
(4)その他
その他
(5)大学HPの研究者ページ等
大学HPの研究者ページ等
«前画面に戻る

Copyright © 2011 Kitakyushu Science and Research Park, All Rights Reserved.