研究者情報

«前画面に戻る
藤村 茂/早稲田大学大学院情報生産システム研究科
名前 藤村 茂
ふりがな フジムラ シゲル
E-MAIL メールを送信する
大学名 早稲田大学大学院情報生産システム研究科
学科・専攻
(講座)
情報アーキテクチャ分野
担当科目 スケジューリングアルゴリズム、Web情報処理(T)、ビジネスプロセスモデリング 役職 教授
連絡先 〒808-0135 北九州市若松区ひびきの2-7 TEL (093)692-5293
FAX (093)692-5293
学位
(授与機関)
博士(工学)(早稲田大学) 取得年 1995年
(1)主要な研究テーマ及び研究領域等
研究テーマ・研究領域 1. 生産計画・スケジューリング 2. 生産管理 3. プロジェクトマネジメント 4. 業務プロセスモデリング
キーワード 生産計画・スケジューリング、生産管理、サプライチェーンマネジメント、プロジェクトマネジメント、業務プロセスモデリング、人工知能、最適化手法、オブジェクト指向、エージェント、知的ユーザインタフェース
当該テーマ・領域の概要及び特徴 生産システムのための生産管理システム、特に生産計画・スケジューリング手法に関する研究課題に取り組み、技術シーズ開発、実製造プロセスへの適用の2つの視点から研究を推進しています。技術シーズ開発の視点からのアプローチとしては、最適化手法および進化型計算手法等のアルゴリズムに関する研究、次世代生産システムのためのエージェント指向アプローチに関する研究、生産スケジューリングシステムの業務プロセスモデリング技術およびシステム化規範技術に関する研究などを行っています。実製造プロセスへの適用の視点からのアプローチとしては、企業との共同研究により、様々な実製造プロセスに対するソリューション提供、生産計画・スケジューリング用の汎用ソフトウェアパッケージの開発等を行っています。
主な論文・著書又は研究活動 著書:
電気学会技術報告”生産スケジューリングシステム導入ガイド〜失敗しないシステム開発のために〜”, 電気学会 電子・情報・システム部門システム技術委員会 (2014)

論文:
Shigeru Fujimura: A Reference Model for Development of Production Scheduling Systems, Proceedings of the 2014 International Conference on Industrial Engineering and Operations Management (IEOM), Bali, Indonesia (2014)
I-Hsuan Huang, Shigeru Fujimura: A Fuzzy-based Multi-Term Genetic Algorithm for Reentrant Flow Shop Scheduling Problem, The IEEE International Conference on Industrial Engineering and Engineering Management (IEEM), Bangkok, Thailand(2013)
Wei Weng, Xin Wei, Shigeru Fujimura: Dynamic routing strategies for JIT production in hybrid flow shops, Computers and Operations Research 39 (2012)
Wei Weng, Shigeru Fujimura: Control methods for dynamic time-based manufacturing under customized product lead times, European Journal of Operational Research 218 (2012)
Wenqiang Zhang, Shigeru Fujimura: Multiobjective Process Planning and Scheduling Using Improved Vector Evaluated Genetic Algorithm with Archive, Transaction On Electrical and Electronic Engineering IEEJ Tans., Vol.7, No.3 (2012)
Xin Wei, Shigeru Fujimura: Multi-update Mode Quantum Evolutionary Algorithm and Its Applications to Combination and Permutation Problems, Transaction On Electrical and Electronic Engineering IEEJ Tans. Vol.7, No.2 (2012)
Xin Wei, Wenqiang Zhang, Wei Weng, Shigeru Fujimura: Multi-objective Local Search Combined with NSGA-II for Bi- criteria Permutation Flow Shop Scheduling Problem, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, Section C. Vol.132, No.1 (2012)
応用可能な分野 スケジューリングシステムの実用化、現場で役に立つ生産管理システムの構築、サプライチェーンマネジメントによる最適化など。
(2)企業向けメッセージ
企業向けメッセージ  2002年度まで、横河電機(株)において、生産管理システム開発、導入コンサルテーションを行ってきました。特に、化学、石油、食品、薬品等の業種のスケジューリング問題に取り組み実用化を行ってきました。そして、早稲田大学では,企業との共同研究により、生産スケジューリングシステムの製品化、プロジェクトマネジメントシステムの実用化、生産管理ソリューションの提案を行ってきました。実際に役に立つシステム構築およびソリューションを目指してご協力させていただきます。
(3)学外活動・学会活動
学外活動・学会活動 電気学会、情報処理学会、プロジェクトマネジメント学会、日本設備管理学会、IEEE
(4)その他
その他
(5)大学HPの研究者ページ等
大学HPの研究者ページ等
«前画面に戻る

Copyright © 2011 Kitakyushu Science and Research Park, All Rights Reserved.