研究者情報

«前画面に戻る
奥田 正浩/北九州市立大学国際環境工学部・大学院国際環境工学研究科
名前 奥田 正浩
ふりがな オクダ マサヒロ
E-MAIL メールを送信する
大学名 北九州市立大学国際環境工学部・大学院国際環境工学研究科
学科・専攻
(講座)
情報メディア工学科(通信・メディア処理)
担当科目 基礎電気回路、ディジタル信号処理など 役職 教授
連絡先 〒808-0135 北九州市若松区ひびきの1-1 TEL (093)695-3255
FAX (093)695-3368
学位
(授与機関)
工学博士(慶應義塾大学) 取得年 1998年
(1)主要な研究テーマ及び研究領域等
研究テーマ・研究領域 1. メディア信号処理 2. 画像解析  奥田正浩研究室 HP 「
キーワード 信号処理、画像解析
当該テーマ・領域の概要及び特徴 情報圧縮、ノイズ除去、特徴抽出、誤差推定などに代表される画像や3Dモデルのための様々な処理技術に関する研究。特に3次元モデルの圧縮符号化、ストリーミング、電子透かし、ウェーブレット変換などの研究を行っている。
主な論文・著書又は研究活動 ○Masahiro Okuda, Masaaki Ikehara, Shin-ichi Takahashi, “Design of Equiripple Minimum Phase FIR Filters with Ripple Ratio Control”, IEICE Transactions on Fundamentals, Vol.E89-A, No.3, pp.751-756, March 2006.
○白井啓一郎、奥田正浩、池原雅章、“3D モデルの高速な円筒ジオメトリ画像化法”、電子情報通信学会 論文誌(A) vol.J89-A, no.7, pp.629-638, 2006.
○Keiichi Shirai, Kyoko Nagatomo, Masahiro Okuda, Masaaki Ikehara, Shin-ichi Takahashi, “Cylindrical Approximation of 3D Meshes and its Application to Similarity Detection”, Journal of Signal Processing, Vol.10, No.5, pp.363-370, 2006.
○Ishtiaq Rasool Khan, Masahiro Okuda, “Construction of Regular 3D Mesh Models for Real Objects”, International Journal on Graphics, Vision and Image Processing, Vol.6, Issue 3, pp.23-31, 2006.
○Ishtiaq Rasool Khan, Masahiro Okuda, “Finite Impulse Response Digital Differentiators for Midband frequencies based on Maximal Linearity Constraints,” IEEE Transactions on Circuits and Systems II, to appear
○Ishtiaq Rasool Khan, Masahiro Okuda, “Narrow Transition Band FIR Hilbert Transformers with Flat Magnitude Response,” IEEE Signal Processing Letters, to appear
○Shin-ichiro Takahashi, Ishtiaq Rasool Khan, Masahiro Okuda, and Masaaki Ikehara, “Real Time 3D Avatar Transmission Using Cylinder Mapping,” International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP2007), Paper# IMDSP-L1.4, 2007/4
○Masahiro Okuda and Nicola Adami, “Raw Image Encoding Based on Polynomial Approximation,” International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP2007), Paper# IMDSP-P9.8, 2007/4
○Shiyu Li and Masahiro Okuda,
応用可能な分野 3次元モデル情報の符号化、伝送技術を用いたバーチャルリアリティ、ネットワークゲーム、遠隔医療、CAD/CAMなどに応用可能である。                                                 
(2)企業向けメッセージ
企業向けメッセージ 画像復元(ノイズ除去、ブレ除去、Compressive Sensing)、画像分割(反射率推定、反射除去、固有画像分解)、画像合成などの画像処理基礎や高ダイナミックレンジ(HDR)画像処理、スペクトルUnmixingに関する研究を行っています。
(3)学外活動・学会活動
学外活動・学会活動 情報処理学会、電子情報通信学会、IEEE会員
2004年度〜:電子情報通信学会 信号処理研究専門委員会委員
2005年度〜:電子情報通信学会・英文論文誌A、編集委員
2004年度〜:電子情報通信学会、回路とシステム(軽井沢)ワークショップ実行委員
2004年度:電子情報通信学会、信号処理シンポジウム実行委員
2004年度〜:IEEE International Conference on Image Processing 2004 (ICIP), Technical Program Committee
2004年度:IEEE International Midwest Symposium on Circuits and Systems (MWSCAS), Technical Program Committee
2004 年度: IEEE International Symposium on Communications and Information Technologies, (ISCIT 2004), Technical Program Committee
2004 年度: 電子情報通信学会・英文論文誌A、信号処理小特集(SIP Symposium) 編集委員
2005年度:IEEE International Conference on Image Processing 2005 (ICIP), Technical Program Committee
2005年度:電子情報通信学会・英文論文誌A、多次元信号処理とその応用小特集号 編集委員
(4)その他
その他
(5)大学HPの研究者ページ等
大学HPの研究者ページ等
«前画面に戻る

Copyright © 2011 Kitakyushu Science and Research Park, All Rights Reserved.