研究者情報

«前画面に戻る
李 羲頡/早稲田大学大学院情報生産システム研究科
名前 李 羲頡
ふりがな リ ヨシカツ
E-MAIL メールを送信する
大学名 早稲田大学大学院情報生産システム研究科
学科・専攻
(講座)
生産システム分野
担当科目 線形システム論、制御工学、最適制御論、確率システム理論特論 役職 教授
連絡先 〒808-0135 北九州市若松区ひびきの2-7 TEL (093)692-5164
FAX (093)692-5164
学位
(授与機関)
工学博士(早稲田大学) 取得年 1986年
(1)主要な研究テーマ及び研究領域等
研究テーマ・研究領域 1. 超小型バイナリー発電プラント開発 2. 生産在庫管理の確率モデル構築とスケジューリング 3. 交通信号制御系の開発 4. インテリジェント制御 5. 確率制御
キーワード 工場廃熱や温泉熱などの再生可能熱エネルギー、超小型バイナリー発電プラント、生産在庫管理、交通信号制御、インテリジェント制御、Decouple Sliding Mode制御、確率制御
当該テーマ・領域の概要及び特徴  工場廃熱や温泉熱を用いたバイナリー発電プラントや生産在庫管理、交通信号機などの予測困難な不規則変動を伴う大規模系を対象に、パラメトリック・ノンパラメトリックなシステム同定法、Bayesian Network、Fuzzy論理、Neural Network、一般化擬似対角法、確率システム理論、インテリジェント制御法等を用いて、所望の行動・結果をもたらす制御系を構築する。
主な論文・著書又は研究活動 ・Generalization of the Pseudo Diagonalization Method:Proc.of SSS'2002.
・前置補償器の直並列接続による多段階非干渉化PID制御:電気学会論文誌,Vol.123-C,No.1,pp.43-49,2003.
・周波数成型された出力フィードバックによるスライディング・モード制御系とプロセス系の追値制御への応用:計測自動制御学会論文集,Vol.38,No.2,pp.186-192,2002.
・Frequncy-Shaped Sliding Mode Servo System and its Application to Follow-up Control of a Process System:Proc.of IEEE Workshop on VSS,pp.470-479,2000.
・システム制御:電気学会,2003.10予定、制御工学:愛智出版,1994.
・パソコンFORTRANプログラミング,東海大学出版会,1989.
応用可能な分野 バイナリー発電プラント制御,生産在庫管理,交通信号制御,ロボット制御
(2)企業向けメッセージ
企業向けメッセージ  韓国企業との制御分野における共同研究、共同開発を考えている企業は相談可能です。
(3)学外活動・学会活動
学外活動・学会活動 計測自動制御学会、システム情報制御学会、電気学会、電子情報通信学会、日本ファジィ学会、IEEE
(4)その他
その他
(5)大学HPの研究者ページ等
大学HPの研究者ページ等
«前画面に戻る

Copyright © 2011 Kitakyushu Science and Research Park, All Rights Reserved.