研究者情報

«前画面に戻る
古閑 宏幸/北九州市立大学国際環境工学部・大学院国際環境工学研究科
名前 古閑 宏幸
ふりがな こが ひろゆき
E-MAIL メールを送信する
大学名 北九州市立大学国際環境工学部・大学院国際環境工学研究科
学科・専攻
(講座)
情報メディア工学科(通信・メディア処理)
担当科目 物理実験基礎,入門ゼミ,計算機演習II,論理回路,情報メディア工学実験III,ネットワークアーキテクチャ,ネットワークアーキテクチャ特論 役職 准教授
連絡先 〒808-0135 北九州市若松区ひびきの1-1 TEL 093-695-3254
FAX 093-695-3731
学位
(授与機関)
博士(情報工学)(九州工業大学) 取得年 2003年
(1)主要な研究テーマ及び研究領域等
研究テーマ・研究領域 コンピュータネットワーク,インターネットアーキテクチャ
キーワード インターネットアーキテクチャ,通信プロトコル,トラヒック制御
当該テーマ・領域の概要及び特徴 高速インターネット,モバイルネットワークなどのコンピュータネットワークにおけるアーキテクチャや通信プロトコルに関する研究.特に,新世代ネットワーク社会実現に向けたインターネット技術の理論から実践まで幅広く取り組み,コンピュータシミュレーション及び実機を用いた実験の両側面から性能評価を行っている.
主な論文・著書又は研究活動 “Kyushu-TCP: Improving Fairness of High-Speed Transport Protocols,” IEICE Transactions on Communications, vol.E93-B, no.5, pp.1104-1112, May 2010.
“Compressing Packets Adaptively Inside Networks,” IEICE Transactions on Communications, vol.E93-B, no.3, pp.501-515, Mar. 2010.
“Method to Improve Fairness for High Speed Transport Protocols,” Proc. IEEE PacRim2009, Aug. 2009.
“Split Connection Scheme for Session-based Group Communication,” Proc. IEEE PacRim2009, Aug. 2009.
“Connection Control Methods in Session Migration between Access Terminals,” Proc. IEEE PacRim2009, Aug. 2009.
“Congestion Propagation in Multihop Wireless Networks,” Proc. IEEE/IPSJ SAINT2009, Jul. 2009.
“Streaming Media Caching on Advanced Relay Nodes,” Proc. IEEE/IPSJ SAINT2009, Jul. 2009.
“Hose Bandwidth Allocation Method to Achieve a Minimum Throughput Assurance Service for Provider Provisioned VPNs,” IPSJ Journal, vol.49, no.12, pp.3967-3984, Dec. 2008.
“Proposal of New Layer of Indirection between Application and Transport Layers for Flexible Communications in IP Networks,” Proc. IEEE/IPSJ SAINT2008, Jul./Aug. 2008.
“Proposal for Adaptive Bandwidth Allocation Using One-way Feedback Control for MPLS Networks,” IEICE Transactions on Communications, vol.E90-B, no.12, pp.3530-3540, Dec. 2007.
“Provisioning Algorithm for Minimum Throughput Assurance Service in VPNs Using Nonlinear Programming,” Proc. IEEE ATNAC2007, pp.311-316, Dec. 2007.
“Media-handover-aware TCP: Preventing Quality Degradation on Co-existing Real-Time Communications,” Proc. IEEE WiMob2007, Oct. 2007.
“Improved TCP Fairness in DCCP Flow Control for Bursty Real-Time Applications,” Proc. IEICE/IEEK/IEEE ICCE2006, pp.66-71, Oct. 2006.
“Handover Management based on the Number of Frame Retransmissions for VoWLANs,” ACM MobiHoc2006, Demo Session, May 2006.
“Handover Latency Reduction on Host-based Mobility in Multihomed Networks,” Proc. IEEE VTC2006-Spring, CD-ROM (9C-3), May 2006.
“A Quality-aware VoWLAN Architecture and Its Quantitative Evaluations,” IEEE Wireless Communications, vol.13, no.1, pp.52-59, Feb. 2006.
“A Framework for Network Media Optimization in Multihomed QoS Networks,” Proc. ACM DIN2005, pp.38-42, Sep. 2005.
“Performance Evaluation of Hose Bandwidth Allocation Method Using Feedback Control and Class-based Queueing for VPNs,” Proc. IEEE PacRim2005, pp.241-244, Aug. 2005.
“Performance Evaluations of DCCP for Bursty Traffic in Real-time Applications,” Proc. IEEE/IPSJ SAINT2005, pp.142-149, Jan./Feb. 2005.

「無線パケット通信装置および無線パケット通信方法」特許第3953343号, 2007年5月.
「無線通信装置および無線パケット通信方法」特許第3823061号, 2006年6月.

http://www.kogalab.net/publication/publication-j.html,
応用可能な分野 コンピュータネットワークの構築・運用技術
通信品質制御・トラヒック制御技術
新世代ネットワーク関連技術
(2)企業向けメッセージ
企業向けメッセージ 多様化したネットワーク環境において様々なサービスを実現するために,新世代ネットワークに向けたインフラ技術,サービス提供技術などの研究開発を行っています
(3)学外活動・学会活動
学外活動・学会活動 電子情報通信学会 ネットワークシステム研究専門委員会 専門委員(2011年〜)
(4)その他
その他
(5)大学HPの研究者ページ等
大学HPの研究者ページ等 http://www.kitakyu-u.ac.jp/env/subject/d-media/Hiroyuki_Koga/index.html,
«前画面に戻る

Copyright © 2011 Kitakyushu Science and Research Park, All Rights Reserved.